Robotics Research

地上基地局と有線で連携するヘリコプターシステム


背景・目的

  • ・建物外壁や橋梁のメンテナンス・診断の自動化が求められている
  • 飛行時間の制限や演算能力の不足を補うため、地上基地局と有線で接続

 

研究内容

  • 有線で地上とつながることによるデメリットの低減
  • 制御アルゴリズムの実験検証
  • ・有線であることを積極的に利用する研究も始めています

<詳細ページへのリンク>

 
 
 

クリックすると拡大します。

 


サポートソフトウエア

  • ・ケーブルヘリコプターに必要な推力を算出します。
  • 複数機のヘリコプターの直列接続に対応します。
  • ・障害物をよけるための最適な中継ヘリコプター位置、ケーブル長さの算出ができます。

 
本ソフトウェアは、平成26年度科研費基盤研究(C)の助成を得て作成されました。
本ソフトウェアのリバースエンジニアリング等はご遠慮ください


 

 
 
 
 
解凍すると実行ファイル、ドキュメント等ができます。

懸架型マルチコプター

  • ・ケーブルでぶら下がった状態で移動するマルチコプターです。
  • ・ローターで姿勢を制御し、巻取り機でケーブル長を制御します。
  • ・飛び去りの危険がなく、有線で電源を供給して長時間の稼働を行い、また高速で確実な通信を行うことができます。

 



消火ヘリコプターシステム(開発継続中)

  • ・タンク付きの大型のヘリコプターから、ホースで小型のノズル付きマルチコプターがぶら下がったシステム

< 詳細ページへのリンク